医療介護関係者様へ

サンクリニックの取り組み

医療連携のイメージ写真

サンクリニックでは、どのようにすれば患者様が住み慣れた場所で、安らぎのある暮らしを送ることができるか、ご家族をはじめとした介助・介護をされる方が不安なく毎日を過ごせるかを常に考え、在宅医療の面からスタッフ一同、自分の家族を診るように親身に接して参ります。
また適切な医療を適切なタイミングで患者様とご家族様にお届けすることが、在宅医療に従事する者の務めであると考え、医師およびスタッフの体制の充実を図り、主治医の先生方、あるいはケアマネージャーをはじめとする、介助・介護に携わられている方から、「あそこに任せれば大丈夫」と思っていただけるクリニックを目指しています。
日々の診療において患者様の経過を予測しながら急な容態や状況の変化をなるべく抑え、ご家族や介護者の方のご心配やご負担の軽減につなげていきたいと考えています。
もちろん、患者様の安らかな暮らしを日々支えていくことは、当クリニックの力のみでできることではありません。
病院をはじめとした医療関係機関の皆様、介護を支える福祉関係機関の皆様ほか、地域の皆様とサンクリニックは常に丁寧にコミュニケーションをとらせていただき、「顔が見える連携」を行って関係各位のお力も借りながら、在宅医療に取り組んで参ります。

連携方針

サンクリニックでは、ご家族や医療・福祉に関わる皆様と、より緊密に連携し、スムーズな訪問診療への移行を実現するため、下記のような取り組みを行っています。

丁寧な説明・スケジュール調整

患者様とご家族への丁寧な説明を行って、他の利用サービスとのスケジュール調整も行います。

訪問診療の開始にあたり、患者ご本人様やご家族、介護者の方よりお体の状況や、希望される訪問診療内容、スケジュール等をお聞きします。
また他に利用されている、あるいは利用予定の介護サービスについても伺い、それらを含めた調整を行っていきます。
その際、当クリニックから訪問診療について、介護保険や健康保険等についても丁寧にご説明し、患者様側が不安なく訪問診療を開始できるよう、また後々行き違いが起こらないよう、十分に配慮していきます。

かかりつけの先生方との連携

入院していた病院またはかかりつけクリニックの先生方と連携させていただき、各医療機関と患者さまに関する情報共有を密に行って、その後の診療方針に活かします。

患者さまに関する医療情報を確実に引き継ぎ、患者様とご家族はもちろん、主治医の先生も安心して送り出せるよう、連携して参ります。
可能な限り退院前のカンファレンスに参加し、患者様が抱えている身体的状況や、生活環境などにおける課題も共有し、チームの一員として少しでも良い方向に進むよう、提案なども行って参ります。
また万が一、再度入院などが必要となった場合は、速やかに主治医の先生および医療機関と連携を取り、可能な範囲での情報提供を行って、スムーズに対応を心がけます。

行政との連携

福祉行政との連携、また各種申請書類、指示書の作成等を細やかに行い、患者様が各種の医療・福祉サービスをスムーズに受けられるようにいたします。

地域包括支援センターやケアマネージャー、行政の福祉課等との連携を密にし、様々な課題を抱えた患者様も社会福祉をよりスムーズに活用しながら、生活の質を改善していけるようサポートいたします。
その際、各種公費の申請、各種保険に関わる諸書類、難病申請書、あるいは成年後見に関わる書類等の作成を行って参ります。
もちろん訪問看護指示書、訪問リハビリ指示書等も作成いたします。