在宅療養支援診療所サンクリニック

高槻 訪問診療サンクリニック(内科・外科・心療内科・精神科)

電話番号

「在宅療養支援診療所」であるサンクリニックでは通院困難な患者様に対して、訪問診療を行っています。
「訪問診療とはどういうものですか?」「在宅療養支援診療所とはどういった診療所でしょか?」
とよく質問を受けます。以下を参考になさってください。

訪問診療とはどのようなものでしょうか。往診とは違うのですか?

退院された患者さんをはじめとして、入院をしないで、あるいは入院を続けないで住みなれた家や施設で
過ごしながら病気の治療や療養をしたいと希望される方が多いと思います。

はじめに、医療は受ける場所によって
・外来医療(外来診療):病院や診療所の外来に通って受ける、
・入院医療:入院して受ける、
・在宅医療:居宅などで受ける、の三つに分かれます。
この在宅医療のなかで医師が患者さんの居宅(自宅をはじめ、老人ホームや高齢者住宅など)に
出向いて行う診療が往診や訪問診療となります。

保険診療上、医師がそのつど患者さんの求めに応じて出向く診療が「往診」であり、 あらかじめ医師が診療の計画を立て、患者さんの同意を得て定期的に(たとえば料金は異なりますが一週間に一回あるいは二週間に 一回など) 患者さんの居宅に出向いて診療するものを「訪問診療」として区別しています。
訪問診療を受けている患者さんが訪問予定日でない日に具合が悪くなったときに医師に来てもらった場合は 往診になります。
訪問診療を受けるときに心配なことは、急に具合が悪くなったときに往診してもらえるかということだと思います。
この心配に対して、「在宅療養支援診療所」という制度があります。

在宅支援診療所とは

・主治医が24時間連絡のとれる体制をとっている。
・訪問看護ステーションの看護師に24時間対応で訪問看護が受けられる
・緊急時に入院できる病院が確保されている
・他科の医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、ケアマネジャーなどと連携している
などの要件を満たした診療所です。

訪問診療を受けるときには「在宅療養支援診療所」の表示のある診療所であると安心です。
(ただし在宅療養支援診療所でないと訪問診療や往診ができないというわけではありません)

↑ PAGE TOP